ホーム >>> 鍼灸治療 >>> 逆子の治療

逆子の治療sakago



逆子の鍼灸治療sakago

逆子は鍼灸治療がベストです

逆子の治療は昔から逆子の灸として鍼灸界に伝わっています。

逆子の治療には逆子体操、外回転術などありますが、鍼灸治療がベストです。お灸はまったく熱くありませんし、ほかの治療に比べ母子共に負担はありません。当院での逆子治療は頭位(正常位置)に戻る確立が95%以上に達しています。

治療回数も1回から3回と少ない回数で頭位にもどるケースがほとんどです。妊娠35週を過ぎますと正常位置に戻る確立が下がりますのでできるだけ早い時期の治療をお勧めします。

逆子の東洋医学oriental medicine

他の治療方法と比べ、母子への負担がかかりません

次に東洋医学の理論で逆子を解説いたします。

東洋医学ではバランスを大変重視します。陰陽のバランス、臓腑のバランスなどです。どのような病気でも体のバランスを整えることにより治療します。逆子の場合、陰陽のバランスが特に重要になります。

母子の関係を見てみると通常はお母さんの足と赤ちゃんの頭がセットです。これがバランスです。陰陽のバランスが取れた状態です。しかし逆子になりますと足と足が、頭と頭がセットになります。これは陰陽のバランスが大きく崩れています。鍼灸治療はこの陰陽バランスを整えます。

できるだけ簡単に説明しましたがわかりにくいのもまた事実ですので例をあげます。父と母で陰陽です。またご両親で赤ちゃんの名前も陰陽のバランスをとって考えていることでしょう。

私たちは体に触れ、脈を取り、舌を見たり、詳しく問診をして母親のバランスの崩れを知り、鍼と灸でもってバランスを立て直すことにより逆子を直します。当院では東洋医学の理論に基づいて逆子を治療していますので高い確率で胎児を正常位置に戻すことができます。闇雲に伝えられたツボにお灸をすえるのではなく、患者様個人個人にあった治療を施していますので逆子の治療は高寺鍼灸治療院にお任せください。

誠心誠意治療させて頂きます。まずは逆子とわかり次第当院までお問い合わせください。


ホーム当院の紹介ギャラリーアクセス
ご予約・お問合せ
鍼灸治療について治療のながれ診療時間治療費
東洋医学について
(C) TAKATERA SHINKYU CHIRYOIN All Rights Reserved.