ホーム >>> 鍼灸治療 >>> うつ病

うつ病depressive



うつ病の治療には東洋医学が効果的うつ病の治療は東洋医学がベスト

うつ病の治療には東洋医学が効果的

うつ病。増え続けています。1999年SSRIが待望の新薬として日本に出てきました。 待望の新薬認可から10年以上たった今もうつ病患者は減るどころか増える一方です。 

本当に効いているのでしょうか?なぜうつ病患者は減らないのでしょうか?

「SSRIを飲むと楽になるから」よく聞きます。飲み始めたら長く飲まなければならない薬、しかも一時しのぎです。冷静に長期罹患患者さんを眺めて下さい。薬で改善していますか?寝られないから睡眠導入剤を、胃が荒れるので胃薬をセットで。症状だけを薬で叩いても完治には向かいません。副作用を積み増ししていくだけです。

お医者さんが悪いのではありません、志のあるお医者様は、もっと長く話を聞きたい、薬に依存させず運動や食事の改善がさせたい、と思っています。話を聞いても、養生を説いても低い保険点数である現行の医療制度が悪いのです。

うつ病の鍼灸治療depressive

東洋医学が、あなたのうつ病を治します

我々の取り組んでいる東洋医学から見ればうつ病は難病ではありません。
何も西洋医学を否定しているのではありません。
しかし明らかにうつ病の治療は東洋医学に分があります。

なぜ東洋医学に分があるのか。
東洋医学ではバランスを大変重視します。陰陽のバランス、臓腑のバランスなどです。どのような病気でも体のバランスを整えることにより治療します。逆に言えばどのような病気を持っている方でも必ず体のバランスが崩れています。 セルトニンやノルアドレナリン の働きが・・・そういった個別の現象を見るのでは無く、我々はざっくりとタイプ別に分け、崩れたバランスを元通りにするのです。

うつ病のような至る所に症状の出る病気はざっくりと分けて崩れたバランスを治せばいいのです。東洋医学では西洋医学のように胃が、腸が、脳が、細胞が・・と体を分解して考えません。体や心の歪みがあって「やる気が出ない、気分が悪い、元気が出ない、食欲も無い、いらいらが止まらない」となるわけですから、臓器のどこでどの物質が・・・ではなく体や心、ひいてはその患者さんを丸ごと見て治療します。

東洋医学の考えを出来るだけ平たく解説してみました。まだわかりにくい点が沢山あるかと思います。しかし我々の治療で職場復帰を果たされたり、睡眠がとれるようになり前向きに生活を送れたりしている事は事実です。

悩む前にどうぞ私達の治療院にお越し下さい。
きっとつらい症状を改善致します。


ホーム当院の紹介ギャラリーアクセス
ご予約・お問合せ
鍼灸治療について治療のながれ診療時間治療費
東洋医学について
(C) TAKATERA SHINKYU CHIRYOIN All Rights Reserved.