ホーム >>> 鍼灸治療 >>> 花粉症

花粉症pollinosis



花粉症の鍼灸治療pollinosis

しつこい腰痛も鍼灸治療で完治します

1年に2回春と秋に本当にたくさんの方が来院されます。季節性の疾患です。

東洋医学の根本的な理論に「人は小宇宙である」とあります。冬が終わり、次第に木気が高ぶり芽生えの時期には、人間も肝気(現代医学の肝臓とは無関係です)も高ぶります。東洋医学では肝気が高ぶれば鼻水、目のかゆみなどが起こります。花粉症は東洋医学の理論で完全に説明されています。治療も即効性があります。

鼻水や目のかゆみなどの諸症状に対象療法的に対処せず、鍼灸治療で完治させましょう。どんな疾患で来院された患者さんもみなそうですが、花粉症で来院された患者さんは特に鍼灸治療の即効性や持続性にびっくりされています。どんなにつらい花粉症も必ず治るんだという確信をもって来院ください。



花粉症には、鍼灸治療がベストです

マスクでよけたり、薬で対象療法的に対処したりもいいですが鍼灸治療は根治療法です。上述したように東洋医学の理論で完全に説明されていますから漢方薬などもいいでしょう。しかし薬局での対面販売や一般向けの説明書きを読んで購入しても効果が薄いか人によっては逆効果です。

当院のような鍼灸専門院では時間をかけて問診を行います。
また鍼灸医学ならではの体表観察と中医学での弁証論治を行います。

一人ひとりしっかりと治療させていただきます。
お気軽にご相談ください。


ホーム当院の紹介ギャラリーアクセス
ご予約・お問合せ
鍼灸治療について治療のながれ診療時間治療費
東洋医学について
(C) TAKATERA SHINKYU CHIRYOIN All Rights Reserved.